TOP  >  中途看護師向けプログラム

Program for
Career Nurse

中途採用看護師一人ひとりがもつ背景や今までの看護キャリアを理解した上で、それぞれにあった具体的な支援を組織全体で実践し、1日でも早く職場へ適応していただくことを目的に支援しています。

特徴1

面談シート

業務習得上で困ったこと(指導や業務内容・人間関係)や、悩んでいることはないかを、面談シートを使用し、入職時、入職1日目、1週間後、1ヵ月後、3ヵ月後に所属長により面談が行われます。これにより、配属部署の組織風土を知り職場適応がより早くできるように助言をしたり、安心して働ける人間関係が築けるように支援しています。また、院内・外教育や学研ナーシングサポートを利用した教育支援提案も行い、それぞれのキャリアにあった能力が発揮できるように支援しています。
面談シート

特徴2

中途採用者(既卒者)用看護業務チェックリスト

これまで培ってこられた知識や技術、臨床看護経験等は「中途採用者(既卒者)用看護業務チェックリスト」を使用し確認、指導します。当院看護部職員として、安全な医療提供を行うために必要なシステム・ルールなどを、部署の教育担当者・指導看護師と相談しながら、臨床実践能力が発揮できるよう、どのようなフォローが適切か考え支援します。
中途採用者(既卒者)用看護業務チェックリスト

特徴3

中途採用者交流会

既卒者及び中途採用看護職員の方々の不安を緩和し職場定着を支援する目的で行われ、大阪名物のたこ焼きを食べながら気軽に語ることができる機会を用意しています。現在の心境を語りあったり、思いを共有することで、みんな同じようなことにつまずいたり、悩んだりしていることが分かり、「自分だけじゃない」と思えた等の声が寄せられています。
中途採用者交流会

特徴4

復職支援プログラム

大阪府看護協会から委託を受け、「感染対策」「医療安全」「採血」「BLS」等の勉強を担当看護師と1日じっくりと勉強します。
病院の中で実際使用している器具や医療機材を使い、ブランクの間に進歩した医療技術の確認や忘れていた記憶を呼び起こすために「看護師として復職したい人の技術的な後押しをする」プログラムです。
この支援プログラムを受けることで、自分自身の今のレベルを推し量ることもできますし、就職先を探す糸口を見つける機会として下さい。
再就業支援

COMMON PROGRAM

新人の看護師も中途の方もみんな仲良く仕事をしていることもこの看護部の特徴です。
チーム一丸となって患者さんに良い治療を提供するためには、
年齢関係なく支えあうことが非常に大切なことだと考えています。

特徴1

BLS研修

当院では「いつでも」「どこでも」「だれでも」心停止に陥った傷病者に遭遇した際、直ちにBLS(一時救命処置)を実施できる職員を育成するべく研修を行っています。
AEDの使用方法を学び、効果的な胸骨圧迫、応援要請等あわてず実践できるよう定期的に実施しています。
心肺蘇生法は心臓の動きを戻すのが目的でなく、元気に社会復帰してもらうことを目的に研修を行っています。
BLS研修

特徴2

ランチョンセミナー

お昼の時間にランチョンセミナーを開催しています。
昼食をとりつつ短時間で、ぎゅっと内容の詰まった研修を開催しています。
和やかな雰囲気で、堅苦しくなく、意見交換も普段の研修よりも活発に行えています。 今後は、新入職者を対象にした研修も予定しています。ホット一息していただくつもりで、気楽に参加してもらえると思います。
ローテーション研修

ANNUAL PROGRAM

随時
入職時、管理部・看護部・当該部署所属長よりオリエンテーション
メンターNsをつけ、経験年数に応じ各部署でOJT
中途採用者用技術てチェックリストを用いて習得状況を3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月を目安に評価
入職後1年以内に救急外来・手術室・他部署研修を1日ずつ実施

acquire a qualification

特徴

認定看護師、専門看護師の取得を病院が全面的にバックアップしています。新卒の方は勤続年数5年、中途の方は、3年と、条件はありますが、経済面・就業面についても相談可能です。将来、自分がなりたい看護師像に一つ大きな選択肢が増えました。外部研修は、主に看護協会主催のものになりますが、所属長の推薦があり、看護部長が承認した研修であれば受講することができます。