TOP  >  教育プログラム  >  新人看護師向けプログラム

Program for
Freshman Nurse

新卒採用の看護師には、手厚いサポートが行われます。
身体のケアはもちろんのこと、精神的な部分もきちんとサポートしていきます。
1日でも早く一人前の看護師になれるように一緒にがんばりましょう。

特徴1

ローテーション研修

自部署で経験できない看護技術やケアを習得でき、改めて看護とは何かを考えるチャンスとなります。この研修を活かして、さまざまな視点から医療と向き合えるようになります。
ローテーション研修

特徴2

インターネット配信の「学研ナーシングサポート」

携帯電話やタブレットで通勤時間や自分の空き時間を利用して、基礎知識やそのときのトピックスなどが学習できます。無理せず、自分のペースで繰り返し学習できるシステムです。
ローテーション研修

特徴3

オリエンテーションから修了式まで

厚生労働省が提示した「新人看護職員研修ガイドライン」をもとに作成した「新人看護職員年間研修計画」に基づき、所属部署でのプリセプターシップを中心とした教育を基軸にし、指導や助言を受けながら看護活動ができるよう、「新人教育」を進めております。年間を通じて集合研修では、入職時の集合オリエンテーション研修時に基礎的な看護技術や医療機器の操作をはじめとした研修を行い、医療安全、感染看護、メンバーシップ、多重課題、夜勤研修前のシミュレーション研修、カンファレンス運営、急変時の看護等々、教育委員が中心となりさまざまなプログラムで成長をサポートしていきます。 配属部署では、チェックリストを用いた技術評価を行い、新人の個別性を尊重しながら、個人の課題と指導方法について1ヵ月に1度振り返りの時間で検討を用い、プリセプターを中心に「チームで育てる」ことを基本に教育及び精神的支援にあたります。そして、3月の修了式ではすべての新人看護師研修が終了したことと、1年間を振り返り、院長より修了証を授与します。このような年間を通じた教育的な関わりの中で、新人看護師が看護へのやりがいや喜びを感じ、2年目看護師として新たな目標をもてるよう支援しています。
ローテーション研修

COMMON PROGRAM

新人の看護師も中途の方もみんな仲良く仕事をしていることもこの看護部の特徴です。
チーム一丸となって患者さんに良い治療を提供するためには、
年齢関係なく支えあうことが非常に大切なことだと考えています。

特徴1

BLS研修

当院では「いつでも」「どこでも」「だれでも」心停止に陥った傷病者に遭遇した際、直ちにBLS(一時救命処置)を実施できる職員を育成するべく研修を行っています。
AEDの使用方法を学び、効果的な胸骨圧迫、応援要請等あわてず実践できるよう定期的に実施しています。
心肺蘇生法は心臓の動きを戻すのが目的でなく、元気に社会復帰してもらうことを目的に研修を行っています。
BLS研修

特徴2

ランチョンセミナー

お昼の時間にランチョンセミナーを開催しています。
昼食をとりつつ短時間で、ぎゅっと内容の詰まった研修を開催しています。
和やかな雰囲気で、堅苦しくなく、意見交換も普段の研修よりも活発に行えています。 今後は、新入職者を対象にした研修も予定しています。ホット一息していただくつもりで、気楽に参加してもらえると思います。
ランチョンセミナー

ANNUAL PROGRAM

4月
オリエンテーション、集中研修
5月
看護過程、固定チームナーシングの一員として
6月
フィジカルアセスメント(認定看護師)
7月
4カ月振り返り
8月
急変時の看護(認定看護師) 
9月
夜勤シャドウ研修 15時~、退院支援
10月
夜勤シミュレーション研修 14時~、輸血の基本(検査科)
11月
不整脈、除細動(認定看護師)、8ケ月の振り返り
12月
カンファレンス運営、人工呼吸器(基礎)
1月
人工呼吸器(応用)、心に残った患者との関わり
2月
ローテーション研修
3月
1年の振り返り、修了式