化学療法センター

化学療法センター



診療部長挨拶

診療部長:荒木 浩
 従来入院治療で行われて来た'がん'に対する化学療法は、薬剤投与方法の工夫や新規抗がん剤の開発、また副作用を軽減するための支持療法の発展により通院での治療が一般的になってきました。
 化学療法センターでは、消化器がんをはじめとする各種固形がんを中心に術後補助化学療法から進行・再発症例に対する化学療法まで、標準治療を基本とした上で個々の患者さんに合わせた治療を行っています。
 また、ホルモン治療や分子標的薬についても積極的に新規薬剤の導入を行い治療成績の向上に努めています。

診療科の特徴

 関西医大付属病院消化器外科との地域連携パスを運用し、消化器がん治療を術後早期からスムーズの導入するために協力して治療にあたっています。
 特に胆膵系消化器がん治療を積極的におこなっており、膵神経内分泌腫瘍に対するホルモン治療にも対応しています。
 また、がん化学療法の開始を緩和ケアの入口と位置づけ、緩和ケア研修を受けた看護師・緩和ケアチームと協力して、癌性疼痛をはじめ身体症状や精神的症状緩和ケアについても治療開始早期から行なっています。

医師紹介

荒木 浩

荒木 浩

出身大学
関西医科大学(平成2年卒)
認定医・専門医等
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会認定医
日本消化器外科学会がん治療認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
マンモグラフィー読影医
日本緩和医療学会PEACEプロジェクト・ファシリテーター
経歴
平成2年 関西医科大学卒業
関西医科大学附属病院 等勤務
平成21年4月~山弘会 上山病院 外科化学療法部 部長(現職)
専門
消化器外科
がん化学療法
緩和ケア
メッセージ
 化学療法導入においては、治療や副作用につき患者さんに十分な説明(インフォームドコンセント)を行った上で、患者さんの意向を尊重した治療を行っています。
 また、緩和ケアチームと協力して早期からの緩和ケア導入や、訪問看護ステーションとも連携し、出来る限り患者さんの生活のQOLを保ちながら治療を継続することを心がけています。

来院される方へ