平成27年度 社会医療法人山弘会上山病院 病院指標

平成27年度 社会医療法人山弘会上山病院 病院指標



社会医療法人山弘会上山病院病院指標

平成27年度 (社医)山弘会上山病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 10 60 50 70 118 156 359 656 531 154
当院の年齢階級別退院患者数は、40歳以上特に60歳から90歳にかけての患者が多くなっています。
高齢化に伴い60歳以上の患者が全体の70%を占めています。
若年層の退院患者は外傷患者及び骨折手術患者であります。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

ファイルをダウンロード

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 114 13.96 14.34 0.88 72.81
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 108 28.81 21.69 12.96 83.13
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 36 20.53 12.60 5.56 73.25
内科においては、一般外来、救急からの入院、いずれも肺炎の患者さんが最多です。高齢のかたが多いので嚥下障害から誤嚥を生じての肺炎も多くみられます。
尿路感染は腎盂腎炎にて緊急入院となることが多いですが、重症の場合敗血症に至る場合もあります。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 副傷病なし 46 3.00 4.53 0 71.09
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 13 11.38 7.84 0 63.77
060035xx99x4xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 10 3.00 4.28 0 53.40
外科の症例では初発・再発を含め結腸がんの悪性腫瘍が最も多くなっています。大腸がんの罹患 率は50歳代から増加しはじめ、高齢になるほど高くなります。全国統計でも罹患率の高い疾患ですが、近年は手術的治療・化学療法の進歩に伴い生存率は高くなっています 。当院でも手術的治療に併せて適切な化学療法を入院および外来化学療法センターで行っています。
また、胆石症・急性胆嚢炎を含む胆道系疾患も多くなっており、症状によっては緊急手術を要しますが、そのような場合でも腹腔鏡下手術で対応しています。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 71 60.27 28.70 8.45 78.83
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 53 48.70 21.52 3.77 79.75
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 33 5.64 5.70 0.00 42.58
大腿骨近位部骨折が最多で、上肢・下肢の観血的手術が同じくらいの数で行っている。保存的治 療では、胸椎・腰椎椎体骨折が多く見られる。
いずれも、患者層平均年齢が70歳代後半となっており、骨粗鬆症を合併されている症例も見られます。股関節大腿近位骨折で4割以上、胸椎、腰椎以下骨折損傷で3割以上の 患者が回復期リハビリテーション病棟を経て退院しています。
前腕の骨折においては小児の転倒などの症例もあり、上記の2つの症例に比べると平均年齢が低くなっています。

形成外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 10 5.10 5.86 0 35.30
080007xx97xxxx 皮膚の良性新生物 その他の手術あり 5 5.00 6.31 0 45.40
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 4 4.75 6.14 0 54.00
形成外科の入院はほぼ手術目的の入院です。それ以外は、糖尿病の壊疽や褥瘡、外傷後の難治性 潰瘍等他科との共観での診療も行っております。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 66 38.83 18.08 6.06 72.39
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 47 26.21 15.80 6.38 73.96
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 40 5.90 7.03 7.50 56.20
上山病院脳神経外科は寝屋川地域における脳神経系救急の中核的な役割を担っています。
それを反映して、脳梗塞、一過性脳虚血発作を含めた虚血性脳血管障害急性期症例の入院がもっとも多く、平成27年度は178例でした。 脳梗塞158例の病型別分類ではラクナ梗塞62例、アテローム血栓性脳梗塞40例、心原性塞栓症30例、その他の塞栓症7例、病型不明その他19例でした。 脳梗塞に対するt-PA投与は9例に行いました。そのうち5例でカテーテルによる血栓回収術を追加しています。脳梗塞に続いて多いのは頭部外傷症例で87例、 つづいて原発性、症候性を含めたてんかん発作症例で、40例となっております。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 2 1 5 7 3 9 1 6,7
大腸癌 1 2 3 32 25 31 1 7
乳癌 0 0 0 0 0 0 1
肺癌 3 0 5 18 10 3 1 7
肝癌 0 0 0 0 2 2 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院でがん症例を病期分類でみると再発を含めた進行がん症例が多くなっています。
診断時点で治癒切除が望めない症例もありますが、手術・化学療法に併せて早期から積極的に緩和ケアチームがかかわることにより、患者さんが質の高い治療・療養生活を送れるようにサポートしています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 12 12.25 47.17
重症度 1 28 14.18 75.14
重症度 2 25 13.76 80.64
重症度 3 10 18.10 82.30
重症度 4 5 21.40 88.00
重症度 5 6 11.17 80.67
不明 0 0 0
全体的には重症度1、2の患者さんが多いですが、癌や免疫異常などの基礎疾患を有する患者さんにお いては重症度の高い肺炎がみられます。

脳梗塞のICD10別患者数等

ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 40 7.18 73.88 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 1 33.00 54.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
I63$ 脳梗塞 3日以内 172 47.51 75.26 12.15
その他 9 60.67 70.67 0.55
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 1 19.00 83.00 0.00
その他 2 27.00 73.00 33.33
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 2 7.50 67.50 0.00
その他 1 6.00 68.00 0.00
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
救急患者を出来るだけ受け入れるという病院の方針により、年中24時間体制で脳血管障害急性期治療を行っ ています。
脳梗塞に対するt- PA 血栓溶解療法、血栓回収術なども施行しています。
発症早期より積極的にリハビリテーションを行い機能回復に努めています。
必要に応じて回復期リハビリテーション病棟に転棟して頂き、在宅生活への準備を整えてから退院して頂きます。
また、脳梗塞の後遺症としての運動麻痺に対して外来にてボトックス治療も行っています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

ファイルをダウンロード

内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 86 1.64 2.06 0.00 66.58
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径2cm未満) 13 1.08 1.08 0.00 62.69
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 6 31.33 19.67 0.00 78.67
大腸癌の早期発見、早期治療を目標に、大腸内視鏡検査、処置を積極的に勧めております。
訪問診療の患者さんや長期にわたって点滴処置が必要となる患者さんにおいては、中心静脈ポートを設置して治療を続けております。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 20 0.00 1.90 0.00 64.65
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 18 0.17 1.00 0.00 72.67
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 17 2.00 7.94 0.00 64.35
外科の手術件数は鼠径ヘルニアが多く、当院では全身麻酔下での負担の少ない手術を行っており、入院期間の短縮に努めています。
また、胆石症・急性胆嚢炎を含む胆道系疾患に対しては腹腔鏡下手術による積極的な緊急手術対応も行っています。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0462 骨折観血的手術(下腿) 59 1.12 21.88 0.00 59.69
K0461 骨折観血的手術(上腕) 58 1.98 55.24 8.62 77.64
K0463 人工骨頭挿入術(肩、股) 37 2.38 59.84 5.41 78.22
前腕、下腿、転子貫通骨折、大腿骨、上腕骨に対する骨折観血的手術、大腿骨頚部骨折に対する人工骨頭挿入術がTOP3となっています。
関節鏡を用いた肩腱板断裂手術、半月板切除・前十字靭帯再建術なども行っています。

形成外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K333 鼻骨骨折整復固定術 7 1.00 2.43 0.00 25.86
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹) 5 0.00 4.00 0.00 45.40
K427 頬骨骨折観血的整復術 4 2.00 2.75 0.00 62.00
顔面外傷が多く、鼻骨、頬骨、眼窩底、下顎骨骨折などの治療を行っております。また、局所麻 酔での外来手術では対応しにくい巨大な軟部腫瘍、再建の必要な皮膚悪性腫瘍等の切除も入院で行っております。

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭による) 24 4.00 21.17 4.17 80.63
K1781 脳血管内手術(1箇所) 9 0.33 48.22 22.22 67.78
K178-4 経皮的脳血栓回収術 5 0.00 67.60 20.00 77.40
脳神経外科における手術では他の多くの施設と同様に、慢性硬膜下血腫に対する穿頭術が24例と 最も多くなっております。
平成27年度は、くも膜下出血は15例の入院がありましたが、うち11例で開頭手術またはコイル塞栓術を行っています。最近の脳血管に対するカテーテル治療の進歩を反映し て、11例中9例でコイル塞栓術が行われており、クリッピング手術は中大脳動脈瘤の2例のみでした。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0.00
異なる 1 0.05
180010 敗血症 同一 2 0.09
異なる 0 0.00
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00
異なる 0 0.00
180040 手術・処置等の合併症 同一 7 0.32
異なる 1 0.05
入院契機が4つの疾患と「同一」か「異なる」に分類して集計しています。「同一」はある病気の診療目的で入院し、その病気の治療を行ったことを表し、「異なる」はある病気の診療目的で入院したが、併存していた、もしくは入院中に違う病気が発症したことにより、その治療が主となってしまった場合を表します。
当院では播種性血管内凝固症候群と手術・処置等の合併症において1症例づつ「異なる」症例で、敗血症、手術・処置等の合併症の疾患は「同一」の疾患でありました。 

更新履歴

2016/9/23
第1版を公開しました。

来院される方へ