回復期リハビリテーション病棟のご案内(医療関係者向け)

回復期リハビリテーション病棟のご案内(医療関係者向け)



回復期リハビリテーション病棟

当院は、回復期リハビリテーション病棟(44床)を有しています。

回復期リハビリテーション病棟とは

厚生労働大臣が定める特定の状態の患者(表1)に対して、医師・看護職・理学療法士・作業療法士・言語聴覚療法士・社会福祉士などがチームを組み、定められた入院期間内でリハビリテーションを集中的に行います。回復期リハビリテーション病棟は、急性期治療の病状が安定している患者に対して、専門的・集中的なリハビリテーションを行う医療保険適用の病棟です。積極的にリハビリテーションを行い、日常生活動作(ADL)能力の向上をめざし、在宅復帰・社会復帰を図ることを目的としています。

厚生労働大臣が定める特定の状態(表1)

疾患 算定上限日数
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部打撲、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等義肢装具訓練を要する状態 150日以内
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷及び頭部打撲を含む他部位外傷 180日以内
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節の骨折または二肢以上の多発骨折 90日以内
外科手術または肺炎等の治療時の安静による廃用症候群
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節または膝関節の神経、筋または靱帯損傷等 60日以内
股関節または膝関節の置換術後 90日以内

回復期リハビリテーションへの転棟の流れ

  1. 入院中の医療機関の相談員(ソーシャルワーカー等)の方から地域医療支援室へお電話下さい。
    患者の疾患や状態、家族状況や意向、などをお聞き致します。 お電話は当院の代表電話番号(072-825-2345)までお願い致します。また、お電話をいただく際、「回復期リハビリテーション病棟への転院の件で」とお伝えください。
  2. その上で下記の書類を地域医療支援室まで直通FAX(072-825-2124)または郵送にてご送付ください。
    • 診療情報提供書(「地域連携診療計画管理料」算定の方は所定書式にてお願い致します)
    • 看護サマリー
    • 採血データ(入院時と直近のもの)
    • その他必要と判断されるデータ
    • ※上記以外にも、入院判定に医師が必要と判断した場合には、データや画像をお願いすることがあります。
  3. 頂いた情報をもとに入院判定を行い、受け入れ可能かどうかを判断させていただきます。
    結果については、お電話で連絡させていただきます ※入院判定に必要なため、家族面談を行う場合もあります。
  4. 受け入れ可能な場合には、地域医療支援室のソーシャルワーカーが貴院と具体的な日程調整をさせて頂きます。
    なお、カルテ作成のため、保険情報の提供を事前にお願いします。
    ※個室(日額11,000円・税込)や二人部屋(日額3,300円・税込)のご希望がある場合は、あらかじめお申し出ください。 
  5. 転院に際し、搬送が必要な場合は原則として貴院より手配をお願い致します。ケースによりご相談をお受け致します。
  6. 転院の際、お持ち頂くものは以下のとおりです。
    • 診療情報提供書(原本)
    • 検査結果、画像データ等
    • 看護サマリー(原本)
    • リハビリテーションサマリー(原本)
    • 退院証明書
    • 健康保険証、各種公費負担医療受給者証
    • 印鑑(認印で構いません)
    • 処方されている薬
    • 着替え、洗面用具、寝巻き、靴 等
  7. 転院当日の予定は以下のとおりです。
    当院への到着は10:30までにお願い致します。到着された際、1階受付までお越しください。病棟看護師がご案内させていただきます。 当院入院当日の11:00(もしくは11:45)から15分程お時間を頂き、医師からの説明や確認、患者・家族の意向を伝えて頂く等、今後の治療についての打ち合わせをさせて頂きます。

上山病院回復期リハビリテーション病棟に関するデータ

回復期リハビリテーション病棟に関するデータ(2019年7月~2020年6月)

  • 総入院患者数  213名
  • 重症受入率   42.7%(施設基準30%以上)
  • 総退院患者数  188名 (内訳:自宅等退院174名、老健入所14名、療養型等転院0名)
  • 重症患者回復率 68.9%(施設基準30%以上)
  • 在宅復帰率   92.5%(施設基準70%以上)
  • 実績指数(対象者数165名) 49.52(施設基準27以上)

リハビリテーション充実加算の施設基準に関するデータ(2019年1月~2019年6月)

  • 退院患者数 117名
  • 実績指数対象患者数 79名
  • 内訳
  • 脳血管リハビリ 10名
  • 高次脳リハビリ 20名
  • 運動器リハビリ 47名
  • 廃用症候群 2名
  • 対象外 0名
  • 実績指数  44.48

リハビリテーション充実加算の施設基準に関するデータ(2019年4月~2019年9月)

  • 退院患者数 98名
  • 実績指数対象患者数 79名
  • 内訳
  • 脳血管リハビリ 13名
  • 高次脳リハビリ 26名
  • 運動器リハビリ 40名
  • 廃用症候群 0名
  • 対象外 0名
  • 実績指数  49.84

リハビリテーション充実加算の施設基準に関するデータ(2019年7月~2019年12月)

  • 退院患者数 95名
  • 実績指数対象患者数 83名
  • 内訳
  • 脳血管リハビリ 15名
  • 高次脳リハビリ 21名
  • 運動器リハビリ 46名
  • 廃用症候群 1名
  • 対象外 0名
  • 実績指数  50.79

リハビリテーション充実加算の施設基準に関するデータ(2019年10月~2020年3月)

  • 退院患者数 86名
  • 実績指数対象患者数 74名
  • 内訳
  • 脳血管リハビリ 11名
  • 高次脳リハビリ 17名
  • 運動器リハビリ 44名
  • 廃用症候群 2名
  • 対象外 0名
  • 実績指数  47.51

リハビリテーション充実加算の施設基準に関するデータ(2020年1月~2020年6月)

  • 退院患者数 93名
  • 実績指数対象患者数 75名
  • 内訳
  • 脳血管リハビリ 9名
  • 高次脳リハビリ 25名
  • 運動器リハビリ 38名
  • 廃用症候群 3名
  • 対象外 0名
  • 実績指数  48.29

回復期リハビリテーション病棟関連情報

来院される方へ