リハビリテーション科(診療科)

リハビリテーション科(診療科)



診療科挨拶

担当医:山中 吉隆
リハビリテーション科では、当院の急性期病棟および地域の医療機関と連携し、脳卒中や骨折などの治療後、心血管、呼吸器疾患における身体機能の回復や日常生活の活動性を高めることを目標に取り組んでおります。

診療科の特徴

回復期リハビリテーション病棟では、理学療法・作業療法・言語聴覚療法の3部門からなる専門スタッフと医師、看護師、医療相談員などの多職種でチームを構成し、治療を進めております。実際には、365日体制で、様々な基礎疾患のある患者様に対して病状を把握し、良質で効率のよい満足度の高いリハビリテーションを提供し、患者様の活動性の低下を防止し、より快適な生活が送って頂けるように様々な面で援助しております。また、退院後の外来あるいは訪問リハビリテーションや介護保険サービスによる生活支援に対しても支援しています。

リハビリテーション科医師紹介

山中 吉隆

山中 吉隆

出身大学
昭和56年 関西医科大学
平成2年 関西医科大学大学院博士課程修了
認定医・専門医等
日本内科学会認定医、医学博士
経歴
昭和56年 関西医科大学内科研修
昭和58年 市立舞鶴市民病院
昭和60年 関西医科大学内科
平成9年 上山病院内科部長
平成16年 上山病院副院長
平成21年 上山病院院長
平成23年 関西医科大学臨床教授
専門
呼吸器内科学
メッセージ
地域医療に貢献します

リハビリテーション科関連情報

来院される方へ